Где је опет ...? Имате превише свега. Ладице, полице и полице испуњавају ствари док
Без обзира да ли је ваш орман добро величине или мало мањи, скоро увек
Шта се дешава са кухињом која је видела ни четку ни чекић 25 година
Простор испод прозора често налази у постављању питања само степмотхер третманом. Као место за
Берлинер Зиммер: Концепт оног који је повезан са старим старим зградама у Берлину на
Ко гради у брдовитом пејзажу, треба очекивати да је земља на падини. Програмери то
Зашто ... је стил какав је? Дрво је увек постојало. Јер увек постоје шуме.
Природност, врло индивидуални обрасци, разноликост боје и беспрекорно постављање опција - њени посебни атрибути
木製のキッチンは家庭的で居心地の良い雰囲気を広げています。自然の建築材料は本物のフラッタラーなので、不思議ではありません。かなり木目の多い木の種類によっては時々明るく、時には濃い木はほとんど無限の可能性を提供します。 あなたは木が古くなっていると思うか、田舎の家だけに合っていると思いますか?そして、これらのモダンな美しさを見てみましょう:エルム、オークまたはパインのいずれかで作られているかどうか - これらのキッチンでは、自然の男の子だけでなく快適です! 1.対称オーク堅実なオークのみから、この2列のキッチンが建てられ、建築家のChristian Stolzがハンブルグの住宅の建物に組み込まれています。それをデザインするとき、目を引くアイキャッチャーを完全に放棄した。特に家の建築にシームレスにフィットするキャビネットの対称的な配置は、予約された言語を話します。ここでの焦点は、キャビネットと作業面の木材にはっきりとあります。横方向の穀物は、目に見える広いエッジを強調し、マテリアルの質量を強調し、このオープンキッチンを個性的な個性を持つ宝石にします。 2. 3層のオーク対称的なこのオープンキッチンエリアは、エアフルトのロフト内に設計されています。 RUS ArchitektenのUweSchultheißは2つのキッチン島を設計しました。 コンセプトの家具ワークショップなし オーク材の3層ボードでできています。最初の例と直接比較すると、台所を計画するときに生じるさまざまな設計オプションが示されます。したがって、木目は垂直に走り、2つのキッチンの島がより軽くて狭く見えるようになります。この場合、同じ材質のワークトップは、はるかに薄いため、ブロックをほとんど繊細なものにするのに役立ちます。 エアフルトの工場ロフトの詳細 >>>
まあまあ、それはより良い座っています。しかし、フリーマーケットのアームチェアが完璧な形をしていても、残念ながらもはやそれほどフィットしません。愛された家宝がその内面の生活を外に変えたとき?または、猫がソファに爪をかける?その後、職人技が求められています。すなわち、職人です。伝統的な職業には、強さ、技能、美的感覚、スタイルやコンサルティングスキルが必要です。パッディングや家具の好きな部分が再び処理されたときには何が起こるのか、ダルムシュタットの布張り屋Ortrud Beckerは説明します。 快適な翼の椅子はすぐに居間の好きな場所になります。残念ながら、あなたはそれを何年にもわたって見ることができます。カバーは時間の経過とともに消耗し、ひどくなってしまいます。それ以上のブランケットを投げ、残念ながら十分ではありません。多くの使用された椅子の内面の生活さえも最終的には座っているからです。しかし、捨て去ることは、とりわけ古い作品であり、これはやはりおばあちゃんから来るかもしれないが、あまりにも悪い。だからそれは屋内陳列棚に任されています。そして、インテリアとリファレンスを更新します。 評価、測定、見積もりパッディングは簡単な技能ではありません。それは高力で職人技を必要とします。同時にいくつかの布張りのものからさえまれにはありません。その理由だけで、それは非常に安い事ではありません。 「必要な時間は、何を詳細にしなければならないかにかかっています。」口腔衛生士のOrtrud Beckerは言います。 2010年以来、彼女はダルムシュタットのインテリアデザイナーButtmiのために働いています。彼女は、破損した家具を調べ、彼女を逃して、彼女は必要な時間と材料を見積もることができます。 「修復への投資と新しい家具の追加は、顧客が作品を受け取ろうとしているかどうか(主に記念品であるか、単に好きなだけなのかなど)によって大きく左右されます。 個別適応室内装飾布と可能な装飾品は顧客にとって最も重要なものですが、室内装飾品はまずインテリアの世話をします。 「とりわけ、新たなカバーファブリックが登場する前に、家具の室内装飾は損なわれてはいけません。その後、顧客は、室内装飾品を自分の仕様に合わせる機会を得る。彼は室内装飾布を選ぶだけでなく、室内装飾品がいかにしっかりとしたものであるべきかを決める。また、このサイズは、顧客の人間工学的ニーズに合わせて室内装備を個別に適応させることができます。 布張りの椅子の層状モデル"アームチェアの内部は巨大なサンドイッチのように見えます。底には、フレームに直接接続され、地面です。ストラップやスパイラルスプリングで構成できます」とエキスパートは述べています。伝統的に、バネはそれに取り付けられ、太い糸で個々に結ばれています。あるいは、予め製作されたスプリングコアを配置することができる。どちらの場合も、丈夫なジュート生地にスプリングラインが張られています。これに続いて、パームまたはココナッツ繊維、馬毛およびパディングコットンの層が続く。これらの層は、ばねの硬質金属から保護し、クッションに形状を与える。 彼らは別の春の布とシースコード、また粗いジュート生地で覆われ、さまざまな室内装飾を通って固定された糸でつながれています。特に馬毛は容易に滑り落ちるので、全体的な室内装飾が外れることがあります。室内装飾品は、シンプルで漂白されていない綿の生地、ネトルの生地を、大まかに織った麻布の上に張っているようになりました。 室内装飾織物これらのすべてのステップがきれいで丁寧に実行されたときにのみ、アームチェアは実際の室内装身具で覆われています。ここで顧客は大きな選択肢を持っています。 「丈夫な室内装飾布が特に適している
map